ビデオポーカー

ビデオポーカーは、トランプの引きと戦略で勝負する、勝率の高いゲーム!

100ハンドビデオポーカー

ビデオポーカー」とは、ゲームモニターにトランプが映し出され、そのカードを新しいものに交換するかどうか決定し、交換した時のポーカーの役の強さで配当を受け取れるゲームです。

発祥は1970年代末とされており、1980年代から人気に火が付き、今ではほとんどのカジノに導入されています。

ビデオポーカーは非常に戦略性が高く、基本的なゲームでも取るべきアクションは17種類と多岐にわたります。

もちろんそれ以外のゲームでは全くアクションの順番が異なったりなど、遊ぶのは簡単ですが極めるのは難しいと言えます。

しかし、セオリーを完璧に守れば、設定条件によっては還元率が100%を越える(=普通にしていれば勝てる)機種も存在するという大変勝ちやすい機種です。

今回は、そんな勝率の高い「ビデオポーカー」についての紹介を行います。

この記事でわかること

↓人気No.1 オンラインカジノ!登録も簡単3分で完了!↓

 5.0/5.0  ベラジョンカジノ(Vera&John)

新規限定ボーナス特典
[初回入金ボーナス]最高$1,000
10日間無料プレイ含む

ビデオポーカーの歴史とトリビア

ビデオポーカーの発祥は1970年代半ばで、パーソナルコンピュータが登場したころと言われていますが、あまり正確には明らかになっていません。

1979年、SIRCOMAがドローポーカーを発表した時がより正確な初登場と言えるでしょう。

発売当初、「コンピュータはインチキをするのでは?」と言われあまり広がりませんでしたが、1980年代から徐々に認知されていきます。

その歴史があったからか、ビデオポーカーの還元率はトップクラスに甘く設定されていることが多いです。

種類もかなり豊富で、「ジャックスオアベター(J以上が揃っている場合ワンペアでも勝利とみなす)」、「デュースズワイルド(「2」をワイルドとして扱う)」「ジョーカーポーカー(通常のトランプにジョーカーを混ぜて登場させる)」など様々です。

しかしルールはほぼ変わらず、カードの手札がより良い役であれば配当が多く受け取れるポーカーゲーム、という所は同じです。

ビデオポーカーのルール・遊び方

先述の通り、ビデオポーカーはコンピュータがトランプの抽選を行うポーカーです。

そのため、ポーカーについて知っておかなければなりません。

テーブルゲームにおけるポーカーの場合

普通のポーカーは自分対相手で戦い、より高い「役」を持っていた方が勝ちとなります。

役についてまとめた表は以下の通りです。

役の名前 内容 出現確立
ハイカード(ノーペア) 役無し 50%
ワンペア 同じ数字(ペア)が2枚ある 42.25%
ツーペア ペアが2つある 4.75%
スリー・オブ・ア・カインド(スリーカード) 同じ数字が3枚ある 2.10%
ストレート 5枚が連番になっている 0.39%
フラッシュ 5枚が同じマークである 0.20%
フルハウス ペアとスリーカードが1つずつある 0.14%
フォー・オブ・ア・カインド(フォーカード) 同じ数字が4枚ある 0.024%
ストレートフラッシュ 5枚が連番で同じマークである 0.00135%
ロイヤルストレートフラッシュ A〜10で出来たストレートフラッシュ 0.00015%

※出現確率は最初の5枚で登場する確率であり、交換後の手札によって出現する確率ではありません

ビデオポーカーの場合

ビデオポーカーでは、戦う相手はいません。

自分の手が良ければ良いほど、ベットした額の何倍、という形で配当が受け取れます。

以下の表は、「ジャックスオアベター9/6」と呼ばれるゲームの配当一覧です。

役の名前 内容 配当
ハイカード(ノーペア) 役無し 無し
ワンペア(10以下) 同じ数字(ペア)が2枚あり、そのペアが「2」~「10」のいずれか 無し
ジャックスオアベター 同じ数字(ペア)が2枚あり、そのペアが「J」「Q」「K」「A」のいずれか 1倍
ツーペア ペアが2つある 2倍
スリー・オブ・ア・カインド(スリーカード) 同じ数字が3枚ある 3倍
ストレート 5枚が連番になっている 4倍
フラッシュ 5枚が同じマークである 6倍
フルハウス ペアとスリーカードが1つずつある 9倍
フォー・オブ・ア・カインド(フォーカード) 同じ数字が4枚ある 25倍
ストレートフラッシュ 5枚が連番で同じマークである 50倍
ロイヤルストレートフラッシュ A〜10で出来たストレートフラッシュ 800倍

ちなみに「ジャックスオアベター9/6」とは、「フルハウスの配当9倍、フラッシュの配当6倍」ということを意味します。

この配当によって設定が変わるということですね。ちなみに、このゲームの還元率(RTP)は99%以上です。

「ジャックスオアベター8/5」など、フルハウスとフラッシュの配当が下げられているゲームもあるので、配当表は必ず最初にチェックしてくださいね。

ビデオポーカーの遊び方

まず最初にベットを行います。コインが複数枚賭けられるならば、最大枚数のベットをお勧めします(ロイヤルストレートフラッシュ800倍は最大枚数じゃないと受け取れないカジノが多いです)。

その後、カードが5枚配られます。そのカードをもとに、「どのカードを残すか、どのカードを捨てるか」を選びます。カードを捨てた後同じ枚数カードが補充され、結果、出来た役で配当が得られます。

この動作は一般的なドローポーカーと同じと考えてください。

捨てるカード、残すカードに制限はありません。5枚捨てても5枚残しても大丈夫です。

ダブルアップ(ギャンブル)について

配当を得た後、機種によっては「ダブルアップ」(もしくは「ギャンブル」ということもあります)ができることがあります。

「ダブルアップ」は、次に出てくるカードが何かを予想し、配当をそのままベットすることで、配当が2倍(もしくは4倍)にできるという仕組みです。

なお、失敗すると配当は没収されます。

また、「ダブルアップ」できる回数や金額に上限があることが多く、リミットに到達すると強制的に配当が払い出されます。

■「ハイ&ロー」

仮想のディーラーが1枚カードを引き、そのカードより数字が大きいカードを4枚の中から選ぶことができればベット成功となります。

最弱のカードは「2」、最強のカードは「A」となり、スート(トランプのマーク)は関係ありません。

また、カードが1枚だけ配られ、単純に「7より大きいか小さいか」をジャッジするハイアンドローもあります。

■「レッド&ブラック」

カードが1枚だけ配られ、赤か黒かをジャッジし、正しい色を選べばベット成功となります。

また、トランプのスートを選ぶこともできる場合があります。確率は1/4になりますが、配当は4倍となります。

ダブルアップ

「DUSES WILD」のダブルアップ(レッド&ブラック)画面

ビデオポーカーの攻略法

ビデオポーカーは、機種選びをきちんと行い、正確なプレーをしていれば、還元率99%以上も難しくありません。

機種選び

様々な種類のビデオポーカーがある中で、とりわけ有名なのは「ジャックスオアベター」と「デュースズワイルド」と呼ばれるものです。

「ジャックスオアベター」はJ以上のペアであれば1倍配当が貰え、「デュースズワイルド」は「2」の絵柄が全てワイルドとしてカウントされます(その代わり、デュースズワイルドの低い役の配当はかなり低めです)。

どちらを選んでも大差はありませんが、見るべきはその配当です。

特に以下のような配当であれば、還元率は非常に高くなります。

■ジャックスオアベターの場合

フルハウスで9倍、フラッシュで6倍の配当が出る機種

■デュースズワイルドの場合

ストレートフラッシュで11倍、フォーカードで4倍の配当が出る機種

この場合の還元率は両者とも99%以上です。

この数字を下回る場合は還元率は下がりますので、過度に入れ込むのは避けた方が良いでしょう。

最適手順を遵守する

ビデオポーカーには先人のプレイヤーが築き上げた最適手順・ストラテジーがあります。

幸いオンラインカジノでプレーする際は見放題なので、手元に置いてプレーすることをおススメします。

ちなみに下の表はジャックスオアベターのストラテジーです。

優先順位 配られたカード カードの操作
1 フルハウス以上の役が完成している すべてホールド
2 あと1枚でロイヤルフラッシュが完成 4枚をホールド
3 フラッシュまたはストレートが完成 すべてホールド
4 スリーカードが完成 3枚をホールド
5 あと1枚でストレートフラッシュ 4枚をホールド
6 ツーペア 4枚をホールド
7 ハイペア(J以上のペア) 2枚をホールド
8 あと2枚でロイヤルフラッシュ 3枚をホールド
9 あと1枚でフラッシュ 4枚をホールド
10 ローペア(10以下のペア) 2枚をホールド
11 あと1枚でストレート(両面待ち) 4枚をホールド
12 同じ柄のJ以上のカードが2枚ある 2枚をホールド
13 あと2枚でストレートフラッシュ 3枚をホールド
14 違う柄の2枚以上のJ以上のカード 2枚をホールド(3枚以上でも2枚のみホールドする)
15 同じ柄で10+J、10+Q、10+Kのカード 2枚をホールド
16 1枚のJ以上のカード 1枚をホールド
17 16までにあてはまらない場合 全て交換する

※〇枚をホールド は、役もしくは当該条件に当てはまるカードをホールドする、という意味です。

例えば条件8の場合、「ロイヤルフラッシュを満たす3枚をホールドし、満たさない2枚を交換する」と読み替えてください。

この表の優先順位が高い順にチェックしていき、条件に合うように交換の手続きをとります。

例えば…

サンプル:1

ポーカーの札交換例:1

2♠・10♠・J♠・Q♠・A♠の場合…

フラッシュは完成している(優先順3)が、あと1枚でロイヤルフラッシュが完成する(優先順2)ので、2♠を交換する

サンプル:2

ポーカーの札交換例:2

5♠・7♠・9♠・J♠・J♡の場合…

あと1枚でフラッシュである(優先順9)が、ハイレアが完成している(優先順7)ので、5♠・7♠・9♠を交換する

サンプル:3

ポーカーの札交換例:3

5♣・6♣・7♠・9♢・10♠・の場合…

10♠を捨てて「8」が来ればストレートであるが、「8」の単騎待ちである。他も1~16の条件には当てはまっていないので、全部交換する

これで還元率は99%以上となり、かなり勝利は近づくと言えるでしょう!

↓オンラインカジノとRPGが融合!↓

 4.5/5.0  カジ旅(Casitabi)

初めてアカウント登録される方
入金不要ボーナス
【グリ戦記限定】無料チップ$40

ビデオポーカーのおススメ機種

ジャックスオアベター ダブルアップ(ネットエント)| ベラジョンカジノ

ジャックスオアベター ダブルアップ

老舗カジノメーカー・ネットエントの古き良きジャックスオアベター。

ちゃんとフルハウス9倍・フラッシュ6倍配当であり、還元率は99.56%(5コインプレー時)と破格です。

また、次に出てくるカードが赤か黒か選ぶ「ダブルアップ」システムも搭載。最初にジャックスオアベターを遊ぶなら絶対にここだと言えるでしょう。

↓このビデオポーカーが遊べるカジノはこちら↓

 5.0/5.0  ベラジョンカジノ(Vera&John)

新規限定ボーナス特典
[初回入金ボーナス]最高$1,000
10日間無料プレイ含む

デュースズワイルド マルチハンド(プレイテック) | カジノジャンボリー

デュースズワイルド マルチハンド

「マルチハンド」とは、文字通り多くのハンド(5枚の手札)で遊べるゲームのことを指します。

4ハンドなら最初の賭け金の4倍、25ハンドなら25倍のベットが必要です。

最初に1ハンドのみ手札が配られ、どの手札を残すかを決めます。そしてホールドしたハンドは、全てのハンドに適用されます。

例えば、スリーカードの手札を残した場合、25ハンド全てがスリーカードをホールドしたという扱いになります。

最初からロイヤルフラッシュが揃っていれば、もちろん25ハンド全てロイヤルフラッシュということも…!

還元率は98.9%で、ビデオポーカーとしては標準的と言えるでしょう。

↓このビデオポーカーが遊べるカジノはこちら↓

 4.5/5.0  カジノジャンボリー(Jamboree)

新規、初回入金ボーナス特典
【グリ戦記限定】
ジパングカジノ口座に$100進呈

💰 無料チップ情報

登録だけでもらえる!
勝てば換金OK!

🎰 紹介中のオンラインカジノ

🔰 初心者のための基礎知識

gotoTop